エチオピアはコーヒーの発祥の地!お客様を迎えるエチオピアの伝統儀式、コーヒーセレモニーを体験してみませんか?

コーヒー・セレモニー(英語:coffee ceremony)とは、エチオピアの伝統的な習慣であり、コーヒーを飲むことを儀式化した作法の一つである。エチオピアではブンナイファラ(bunna yefela)と言い、「ブンナ」とはコーヒー、「イファラ」は「セレモニー」という意味である。

日本の茶道と同様、コーヒーを飲むという行為に精神的な要素や教養などが含まれる文化的な習慣であり、他者に対する感謝ともてなしの精神を表すものである。
女性が執り行うものであり、エチオピアでは結婚前の女性が身につけるべき作法の一つとされている。冠婚葬祭の際や、大切な客を迎える際などに行われる。使われるポットやカップなどの茶器は女性が実母からや嫁ぎ先で代々受け継がれてきたものであることもある。
客の前でコーヒーの生豆を煎るところから始め、3杯飲むことが正式であることから、1時間半から2時間以上かかる場合もある。その間は香を焚き、客はパンやポップコーン(ファンディシャ)などを食べながら待つ。
(wikipedia)

ディアフリクでは、上記のようなコーヒーセレモニーを定期的に行っております。当店では、イルガシェフェとハラーという貴重な品種のコーヒー豆を扱っております。ぜひともご賞味していただきたいです。とても神聖な儀式でみなさんもきっと楽しめるはずです。ご希望の方はスタッフまでお問い合わせください。出張サービスも好評です!(要予約)